将来的に、Moto2のECUはMotoGPにおけるそれに近いものになる。

「無いに等しい」といわれていたMoto2の電子制御ですが、ついに変わるときが来そうです。

 
「判ったのは、エレクトロニクスの水準において、Moto2MotoGPとの間に大きな隔たりがあることです。」 -ダニー・アルドリッジ、テクニカル・ディレクター

 Moto2世界選手権に関しては、ホンダからトライアンフへのベース・エンジンの変更がウワサされており、現行の契約は2018シーズン終了時に満期を迎える。

 2ストローク250 ccに代わってMoto2が導入されて以来、同選手権はCBR600ベースの統一エンジンによる選手権であった。

 前述のエンジン変更については今のところ未確定であるが、MotoGPクラスのECUを手がけるマニェッティ・マレリがMoto2ECUを手がけることはすでに公になっている。

Crash.netは同社のディレクター、ダニー・アルドリッジに今回の契約について話を訊いた。

Crash.net
 Moto2のエレクトロニクスの変更が2019年に控えており、サプライヤーとしてマニェッティ・マレリが指名されています。この件についてもう少し詳しく教えてくださいませんか?

ダニー・アルドリッジ:
 はい。2019年より、マニェッティ・マレリがECUを供給するという契約については公になっています。現状において、Moto2はホンダのスタンダードECU2Dより提供されるデータ・ロガーを採用しています。マニェッティ・マレリがこの業務を引き継げば、ECUとデータ・ロガーが一つに統合されます。MotoGPMoto3のように。

Crash.net
 今回の変更に伴い、統一ECUがよりレースに即したものに移行してゆくと?

ダニー・アルドリッジ:
 新しいECUに何を盛り込みたいかについては、すでに決まりつつあります。判ったのは、エレクトロニクスの水準において、Moto2MotoGPとの間に大きな隔たりがあることです。現状、ある点においてはMoto3のほうがMoto2よりも洗練されていると言っていいでしょう。ですから、わたしたちが再編成を試みます。

 Moto2の様相をがらりと変えてしまうことを望んでいるわけではありませんが、ライダーやチーム、データ・エンジニアのみなさんに更なる情報を提供できたらと考えています。エレクトロニクスを調整したり、MotoGPで要求される技術を習得したりするための。

Crash.net
 現行のスタンダード・ホンダECU2018シーズン終了時までですよね?移行期間なしで。

ダニー・アルドリッジ:
 計画では2018シーズン終了時までホンダECUを継続します。ホンダ・エンジンの供給契約が終了するまでです。それから、2019シーズンをマニェッティ・マレリといずれかのエンジン・サプライヤーと共にスタートします。もちろん、ホンダが継続する可能性もありますし、新たなサプライヤーと共に歩むことになるかもしれません。それは、誰がドルナと合意に達するかしだいです。

Source: crash.net


Related Post:


1 件のコメント :

  1. このサイトはもうダメだね。好きでずっと見ていたけど、シーズン始まってるのに更新が無さ過ぎる。

    返信削除