マイケル・ヴァン・デル・マーク:わたしがヤマハを選んだ理由

 やっぱり、新しいFirebladeに期待できないから・・・?以下、worldsbk.comより。


 マイケル・ヴァン・デルマークは、2017年にWorld SBK3年目を迎える。ワールド・スーパースポーツをホンダで制した後、彼は2014年にテン・ケイト・チームに加入した。彼はこの最高峰クラスに当たり、一年目を学習期間に充てること、二年目にタイトルを獲得することを目標に掲げていた。事はこの目論み通りには運ばなかったかもしれない。とはいえ、ロッテルダム出身のヴァン・デル・マークは、ポール・ポジションと表彰台を獲得した最初のダッチ・ライダーになった。実際、彼はこれまでに8度以上の登壇を果たしているのだ。

 3年目に向けて、このゴーダ生まれのライダー(10月には24歳を迎える)は新たな冒険に繰り出そうとしている。彼はPATA Yamaha Official WorldSBK Teamへの移籍を決めたのだ。何故チームを変えるに至ったのか?彼はWorldBSK.comのために5分間を割き、われわれにその理由を教えてくれた。

 マイケル、新たな計画についてお祝い申し上げます。この変更に踏み切った理由は?
 選択肢は多くはありませんでした。その一つがホンダに留まることで、彼らからは好条件のオファーを受け取っていました。しかし、わたしには勝ちたいという思いがありました。ゆえに、新たな冒険が必要だったのです。今の所属チームに来てからずいぶん経ちましたから、どこか別の場所で再スタートを切りたいという思いがありました。そうして、新たな経験を積みたいと。

 二つの選択肢を手にし、どちらも非常に有難い条件でしたが、最終的にはヤマハを信じることにしました。このバイクが、競争力を発揮することを信じています。彼らが今年示したのは、大きな進歩を遂げているということです。ホンダとテン・ケイトを離れるというのは難しい決断でした。しかし、これはわたしにとっての新たな挑戦であり、これが必要だと感じたのです。

 つまり、ご自身の決断に満足していると・・・
 心から満足しています。テン・ケイト、そしてホンダとは素晴らしい時間を共有してきました。しかし、今回の挑戦が決まったことを本当にうれしく思っています。全く違ったマシン(Yamaha YZF-R1)に乗ることになります。トラックで見たところ、とても良さそうです。また、彼らの進捗状況から見て今後の見通しは明るいでしょう。わたしは信じています。ワールド・スーパーバイク復帰2年目に、彼らがもっと強くなると。

 マイケル・ヴァン・デル・マークの目標は?
 わたしの目標は勝つこと、そしてチャンピオンシップをかけて争うことです。今年、わたしたちは良いバイクを手にしていますが、少し取りこぼしがありました。いくつかいい結果を手にしましたが、全てのライダーが望むように、わたしも勝ちたいのです。来年には勝てるバイクを手にすることになると確信しています。

Source: worldsbk.com



Related Post:


0 件のコメント :

コメントを投稿