MotoGP:なぜマルク・マルケスは依然として2014年型のシャシーを使っているのか?

 Crsha.netより。2014年型RCVの汎用性たかすぎ!


 「これがわたしにフロント・タイヤに対する自信を与えてくれるのです。自信と重要な警告を。」 - マルク・マルケス

 それは昨年のダッチMotoGPのことであった。マルク・マルケスが2015年型のホンダのシャシーから2014年型のそれに乗り換えたのだ。

 このスペイン人がこの決断を下したのは、2015年型RCVが示す予測不能なリアエンド・スライドとの格闘の末ことで、そのためにこれ以前の2レースにおいて彼は転倒を喫した。

 ところがその一年後、MotoGPがブリヂストンからミシュランにスイッチし、さらには統一ECUソフトウェアが導入されたというのに、このスペイン人は依然として今週末のアッセンにおいて2014型フレームを使用している。

 これには納得できる理由がある。マルク・マルケスは今シーズンに入ってから2レースを制しており、選手権をリードしている。2014型フレームに関して、彼がこれほどまでに気に入っているのはどこなのだろうか?

 「2014年型シャシーはわたしが昨年のこのレースにおいて戻したものの一つですが、未だにこれを使っています。」彼は認めた。 「これがわたしにフロント・タイヤに対する自信を与えてくれるのです。自信と重要な警告を。」

 このダブル・ワールド・チャンピオンは、これまでにいくつかの新設計を試してきた。最近では、カタルーニャのポスト・レース・テストの際にこれを試していたが、2014年型がこれまでの中で最もしっくりくるという。

 「たとえば、モンメロでのテストの際に新型シャシーを試しました。一部に関しては改善が見られましたが、それ以外に関しては、コーナー・エントリーなどに関しては悪くなっていました。」彼はこのように説明した。「そんなわけで、わたしたちは妥協策を見出そうとしているのです。新型シャシーのバックを2014年型に合わせるための。それが良い解決策になり得ると思っていますから。」

 マルケスがこのコメントを残したのは、金曜日のプラクティスを3位で終えた後のことであった。彼はこのセッションにおいてドゥカティを駆るペース・セッターのアンドレア・イアンノーネの0.133 s落ちのタイムを記録した。

 「ハッピーですよ。ラップ・タイムは悪くありませんから。ワン・ラップが強かった人たちは、本当にいいラップ・タイムを記録しました。しかし、ペースに関してはわたしはトップと遜色ありません。これは金曜日におけるメイン・ターゲットではありませんが、わたしたちはすでにここまで来ています。」

 「もちろん、向上する必要がありますし、どちらのリヤ・タイヤを使うか決めなければなりません。イアンノーネが今日の最速でしたが、彼は最後尾スタートですし、選手権において最も重要なライバルはロッシとロレンソです。」

 ロッシは2位で、ロレンソは5位であった。

Source: crash.net



Related Post:


0 件のコメント :

コメントを投稿