ドゥカティがMoto3?ウワサだけじゃない?

 そうだったらいいのにな~。そうだったらいいのにな~。以下、gp-insideより。




 これはバドックを駆け巡るウワサであるが、moto.itがこれに信憑性を与える情報を提示している。

 もちろん、イタリアン・プレス発のニュースを鵜呑みにしてはキケンであるが、仮にこのニュースが真実であると証明されれば、いずれにしてもグッド・ニュースといえよう。

 実際、ドゥカティは近い将来のMoto3参戦を認めつつある。

 時期は定かではないが、ジジ・ダッリーニャはこのことを前向きに検討している。忘れてならないのは、彼がアプリリアを小排気量クラスにおける勝利に導いたメンターであったということだ。

 このイタリア-ドイツ連合の目標は、若き才能を養成し、こういったライダーたちを最高峰クラスに送り込むことだ。

 様子を見よう。もちろん、公式リリースがあるまで過度な期待をすべきではない。

Source: gp-inside.com



Related Post:


0 件のコメント :

コメントを投稿