MotoGP: スズキのシームレスは「プレステみたい」

 Crash.netより。スズキのシームレスについて、青木さんが語っています。



 「まるでプレステ、オートマチックです。びっくりですよ。」

 スズキの新たなシームレス・ギアボックスによる走行は、同社のMotoGPテスト・ライダーを務める青木宣篤曰く、PlayStationを操っているかのようであるという。

 このシームレスは、アレイシ・エスパルガロが言うところの「完全なる新型バイク」における主だったアップグレードの一つである。このバイクは2016シーズンに向けて投入されるもので、エンジンにシャシー、ギアボックス等が改められる。

 ムジェロにおいてアプリリアがシームレス・ギアボックスを導入したが、それ以降、スズキはこの技術を駆使していない唯一のマニュファクチャラーとなっていた。シームレスにおいては、あるギアから隣のギアへの切り替えが同時に実行される。

 元グランプリ・レーサーの青木宣篤がこのギアボックスの開発に携わってきた。マーベリック・ビニャーレスがはじめてこのギアボックスを試したのは、11月に実施されたセパンでのプライベート・テストの際であった。

 「大違いです。」Crash.netに対し、青木はこのように語った。「ノーマル・ギアボックスでは、一つアップシフトするたびに駆動力が途切れます。しかしシームレスでは、その必要はありません。ですから、一つアップシフトするたびに、おそらくは2 m程度のゲインを得ているのではないでしょうか。ものすごく走りやすいです!まるでプレステ、オートマチック。びっくりですよ。」

 一方、より素早いシフトには、僅かながら加速を伸ばす効果もある。今シーズンにおいて、スズキが特に後れを取っていた領域だ。ライダーたちはしばしば、シームレスの主な利点として、スムースなギア・チェンジを挙げている。

 青木もこれに同意している。「一発速いラップを記録する際には、おそらく違いは現れないでしょう。しかし、リヤ・タイヤのグリップが落ちてブレーキング時の挙動が出始めた際にはシームレス・ダウンシフトが安定化に役立つでしょう。」

 青木は、1990年から2008年にかけて、250GP500GP、そしてMotoGPに計168回出走した。彼は250 ccにおいて勝利を記録し、プライマークラスにおいては4度の表彰台を獲得した。彼はシームレス・ギアボックスについて、トラクション・コントロール導入以来最大の変革であると捉えている。

 「モーターサイクルの歴史における、大きな一歩であると言えるでしょう。トラクション・コントロールもそうでした。そしてこれは、それに続くものです。」彼は述べた。

 エスパルガロは11月のセパン・テストを怪我のために欠席した。したがって、スズキのシームレスによる彼の初走行の機会は、オフィシャル・テストの開始時までお預けとなる。このテストは、マレーシアにて2月に実施される予定である。

 この際に、新型GCX-RRも初公開される。

 「新しいバイクといって差し支えないでしょう。」青木は微笑んだ。

 エスパルガロとビニャーレスは、スズキのカムバック・シーズンをそれぞれ選手権11位と12位で終えた。

 このペアはカタルーニャにおいて予選1位と2位を獲得し、GSX-RRにとっての最高成績に当たる6位で完走した。この順位は、ルーキー・スターのビニャーレスが2度、エスパルガロが1度記録している。

 来シーズンにおけるテクニカル・コンセッションの対象となるマニュファクチャラーは、スズキとアプリリアのみである。このシーズンには、統一ECUの使用が義務化され、タイヤの割り当てと燃料タンクの容量が、すべてのチームを対象に統一化される。

 交換可能なエンジンの数、テスト規制、シーズン中のエンジン開発に関する規制に関する優遇措置は残される。

Source: Crash.net



Related Post:


0 件のコメント :

コメントを投稿