さよならSTK600

 WSSがあたらしくなり、STK600が消滅することになりました。以下、worldsbk.comより。



 Fédération Internationale de Motocyclisme (FIM)ならびにFIM Europe、そしてDWOは、来るシーズンに向け、エキサイティングなフォーマットを導入することを発表する。

 FIMスーパーバイク世界選手権の2016エディションは、その歴史の転換点を迎える。これは、重要かつ広く知られたワールド・スーパースポーツ・クラスに関するものだ。

 2015年には、ワールド・スーパーバイク・クラスの技術およびスポーティング規定に変更が加えられたが、その成功を受け、現在、この中量クラスの法整備が進められている。

 このシリーズのプロモーター兼オーガナイザーとして3年目を迎えたドルナは、FIMおよびチーム、そしてマニュファクチャラーと共同でこの作業を継続してきた。モーターサイクル産業および世界経済の変遷に沿って、同シリーズを維持し、そのレベルを向上すべく。

 2016年には、FIMスーパースポーツ世界選手権に新たな技術規定が導入されるが、これにより、参戦するチームのコストが大幅に削減される見込みだ。WSSマシンの仕様は全域に渡り、主要な国内選手権で使用されるそれにより近いものとなる。敷居を下げることで、ローカル・チームのワイルド・カード参戦を促し、参加者間の競争を活性化することがそのねらいだ。

 さらには、この大きな選手権に新たなシリーズが加わる。これは統一されたテクニカル・レギュレーションに従うもので、ワールド・スーパースポーツにおけるメインに位置付けられるものだ。このシリーズは、ヨーロピアン・ラウンドのみへの参戦を希望するチームを対象としたものになる見込みで、その構築に当たっては、若き才能の発掘と大幅なコスト削減が目標に掲げられている。これにより、多くの選ばれし小規模チームに対し、世界舞台においてその存在をアピールするためのチャンスが提供されるはずだ。テレビへの露出とアピールという点においては、この上ないブーストである。一方、こういったチームのライダーたちは、このワールド・スーパースポーツで名を成すであろうスターたちと対峙するチャンスを得ることになる。この新たなシリーズの名称はまだ明かされていない。

 この基礎的なワールド・スーパースポーツの改変に伴い、スーパーストック600クラスは廃止される。

Ignacio Verneda, FIM CEO:「スーパースポーツにおける今回の変更は、コスト削減と参加者の呼び込みを意図したものであり、同様の変更を経て成功に至ったワールド・スーパーバイクに倣って導入されます。わたくしたちが確信していること、それは、このステップがスーパースポーツ・クラスの将来にとって重要なものになるということです。」

Dr. Wolfgang Srb, FIM Europe President:「若く有望なライダーのプロモーションは、わたくしたちの協議事項において常に高い位置づけにありました。わたくしたちは、このシリーズが参加者にとって妥当なコストで提示されると信じています。国内からヨーロピアン選手権を経て、すべてのスポーツがそうであるように、頂点たる世界選手権に至るまでの過程において。ドルナがこの『ピラミッド・モデル』を提示し、この新たなスーパースポーツ・クラスを魅力的なヨーロピアン・ロード・レーシング・シリーズとして、才能あるライダーに提供します。しかしながら強調したいのは、このシリーズがあらゆる国のライダーに開かれているという事実です。強力かつ拮抗した競争が成功のカギです。」

Javier Alonso, WorldSBK Executive Director:「これらの大きな改編について公表するに至り、嬉しく思っています。FIMスーパースポーツ世界選手権におけるスポーティングとテクニカル・サイドに関する。この新たなフォーマットが更なる、そして新たな興奮をこのシリーズにもたらすと確信しています。それと同時に、チームや若手ライダー、才能が有り、モーターサイクル・レーシングにおけるキャリア・アップを目指すライダーへの門戸が、新たに開かれることになるでしょう。」

 FIMスーパースポーツ世界選手権の新たなテクニカル・ルールは間もなくFIMのウェブサイトにおいて取得可能になる。

Source: worldsbk.com



 ツイッターにて#byestk600で検索をかけると、お馴染みのライダーたちのSTK600時代の姿を拝むことができます。これは、ジュリアーノとシメオン。



Related Post: