WSBK:メランドリは2016年に向けてForwardへ

 マルコ・メランドリが何とかSBKのシートを押さえたようです。





 マルコ・メランドリが2016年に向けてフォワード・レーシングに加入する。同チームはMV Agustaのワールド・スーパーバイクにおける業務を引き継ぐ見込みである。

 フォワードを率いるジョバンニ・クーツァリは、依然としてスイス検察の捜査対象となっている。彼はWSBKとWSSに参入する両チームの代表を務める見込みで、これらのチームはMV Agustaのレーシング部門の代理に当たるという。

 「MV Agustaとの合意形成について公表することを、心よりうれしく思っております。長きにわたり、わたくしたちは重要なマニュファクチャラーとの提携を目指してきました。そしてついに、そこに至ったのです。イタリアン・モーターサイクリングを象徴するブランドの一つと提携することを、大変名誉に思っております。」クーツァリはこのように語った。

 「MV AgustaはMade in Italyの旗手であり、このコラボレーションは、双方にとって大きな成長につながることと確信しております。SBKのトップに上り詰め、ひいてはMotoGPを目指すための。ジョバンニ・カスティリョーニと合意に達したことについても、光栄に思っています。彼の父であるクラウディオとは予てより親しい間柄でした。」

 現在、MV Agustaのライダーを務めるレオン・キャミアの今後の立場については、いまのところ不透明である。

Source: bikesportnews.com


Related Post: