MotoGPオーストラリア:マルケス:特別な勝利

 ファイナル・ラップにおいて素晴らしい逆転劇を演じたマルケスのインタビューです。


 ホンダのマルク・マルケスはレースの最終周にファステストを記録し、ホルヘ・ロレンソを抜き去った。彼はフィリップ・アイランドにおけるMotoGP初優勝をとげた。この勝利は彼のキャリアにおける通算50勝目に当たる。

 マルク・マルケスがGPにおける通算50勝目を果たした。彼は圧巻のファイナル・ラップ・チャージでロレンソを下し、フィリップ・アイランドにおけるMotoGP初優勝を成し遂げた。

 このレプソル・ホンダのライダーは、ドゥカティのアンドレア・イアンノーネを最終周のターン2で交わし、そこからロレンソのアドバンテージ、0.8 秒を削り、MGにおいてレースの勝利を意味するパスを決めた。この際、彼はこのレースのファステスト・ラップに当たる1 m 29.280 sを記録し、MotoGPにおける鬼門であったフィリップ・アイランドをついに制した。2013年と2014年において、彼はこの地での完走を果たせていなかった。

 マルケスは、もてぎを除く全てのサーキットで優勝している。彼はこのように述べた。「最初は厄介でした。特に、フロントのフィーリングを見出すのが。しかし、その後調子を取り戻しました。ホルヘを捕らえ、追い抜き、プッシュしようとしました。しかし、その時点の温度ではフロント・タイヤの挙動が大きいことが判りました。再びクール・ダウンする必要があったのです。」

 「わたしは最後までタイヤを管理しようと努めました。しかしいくつかの出来事があり、わたしの計画はいつだって最後の数周に攻めに転じるというものでしたが、(アンドレア)イアンノーネとヴァレンティーノ(ロッシ)に追い抜かれ、管理が難しい状況でした。」

 「正直、ホルヘに届くとは思っていませんでした。しかし、最終周に100パーセントの力を投じ、結果として素晴らしい勝利を手にしました。わたしとホンダ、とりわけ支援して下さる皆様にとって。厳しいシーズンにあってトップに立つというのは素晴らしい事ですから。」

 マルケスは彼の強烈なファイナル・ラップについて、予選アタックにも匹敵するものであったと述べた。ロレンソとの差は逆転不可能に映ったが、彼はそれをやってのけた。

 「まるで予選ラップのようでした。最初のコーナーでアンドレアを捕らえ、それから100パーセントでプッシュしました。とりわけ、ターン4においては、本当に深くブレーキングしました。それで、ホルヘとの距離がぐっと詰まりました。それで、こう思ったんです。『OK、いけるかも。』と。」

 「攻めて、攻めて、攻めまくりました。ターン10に差し掛かった際には、ホルヘの真後ろにいました。それでこう思いました。『OK、仕掛けよう。勝機が見えたなら。』。そしてブレーキを放しました。一位でフィニッシュ・ラインを通過したときは嬉しかったです。」

 「50勝というのは多いですし、このようなレースを制しての50勝目ですから、感慨もひとしおです。自身のレベルを引きだし、更に勝利を重ねていきたいです。とりわけ、タイトル争いにたくさん挑みたいと思います。」

Source: Crash.net



Related Post: